メニュー

MRI

MRIは磁気共鳴画像といい、放射線を使用せず磁気を使って体内を調べます。

脳や脊髄を調べる場合に多く用いられます。

CTスキャンと比較し、脳内の病気や高齢に伴う変化、脳血管の情報(脳動脈瘤や動脈硬化など)が詳しく調べられます。ただし、体内にペースメーカーなどの金属が入っている方など、検査ができない方もいらっしゃいます。

ご不安な方はスタッフまでお気軽のご相談ください。

 仙川脳神経外科,頭痛,MRI,脳ドック

 

 MRIによる特殊検査:VSRAD(ブイエスラド)について

VSRAD(ブイエスラド)は、アルツハイマー型認知症の特徴的な所見である「海馬の萎縮」を測定する検査で、診断の補助となる検査です。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME