メニュー

脳卒中

脳卒中とは?

「卒中」とは「突然、中る(あたる)」という意味で、さっきまで元気だった人が、頭の病気が原因で、突然頭痛と嘔吐を起こしたり、手足が動かしづらかったりしびれたり、ひどいときには意識を失ったりするものの総称のことを指します。

細かく分類すると、脳の血管が詰まる「脳梗塞」、脳の血管が切れる「脳出血」

、血管の瘤(こぶ)が破裂する「くも膜下出血」の3種類に分けられます。

1.脳梗塞 脳卒中全体の7割

(脳の血管がつまり、脳組織の一部が壊死する病気) 

2.脳出血 脳卒中全体の2割

(高血圧により脳の血管が切れて、出血が脳を破壊しながら大きくなる病気 昔は脳溢血(のういっけつ)と呼ばれていた)

3.くも膜下出血 脳卒中全体の1割

(脳動脈瘤が破裂して、脳の表面に血液が回り込む病気)

脳梗塞が全体の7割で最も多い病気です。

脳のどの場所に起きたかによって様々な症状が出現します。手足が動かしづらい、手足や顔がしびれる、ろれつが回らない、言葉が出づらい、視野が欠ける、言動がおかしい、などの症状の場合には、脳の病気が起きている可能性があります。

脳卒中の予防

脳卒中は、脳の血管が硬く脆くなり、その結果つまったり切れたりして起こります。

脳の血管を硬く脆くするのは、高血圧高コレステロール血症(最近では脂質異常症と言います)、糖尿病などの生活習慣病です。

これらを管理することが、脳や心臓の血管の病気になりづらくすることにつながります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME