メニュー

糖尿病

糖尿病とは

糖尿病は、インスリンという膵臓から出る血糖を下げる酵素が出づらくなることにより起こる病気です。遺伝性の1型糖尿病もありますが、主に2糖尿病が全体の98%以上を占め、40歳以降に起こりやすくなります。インスリン分泌が悪くなったり臓器のインスリンへの反応が悪くなることによって高血糖になります。

 

血糖が高いままだとどうなるか?

高血糖の状態が続くと、体全体の血管は硬く脆くなっていき、高血圧になったり、腎臓や網膜や手足の毛細血管が詰まると、腎不全、網膜症、四肢壊死など重い病気を合併します。また、心臓の冠動脈、頸動脈や脳動脈の動脈硬化を来し、心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくなります。糖尿病は全身の血管に悪影響を与える病気です。

治療

2型糖尿病の場合は、主に食事と運動療法に加え、内服やインスリンの注射を行っていきます。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME